GUIDE

ご案内

JAPMAとは

JAPMA(日本精密機械工業会)は精密機械製造に関する諸問題を研究調査し、製造技術の向上を計り、業界の進歩発展に資することを目的とします。

※日本小型工作機械工業会は平成24年6月に名称変更いたしました。

JAPMAの設立

1957年(昭和32年)12月に精密加工用工作機械メーカー8社により、日本小型工作機械協会設立の声明書を発表し、翌1958年(昭和33年)5月に第1回総会を開催し、時計・光学機器・計測器および通信機器などの精密部品を生産する高精度にして小形な工作機械メーカーグループとして設立しました。 1972年(昭和47年)6月に名称を「日本小型工作機械工業会」と改称、2002年(平成14年)6月には賛助会員制を採用し、2012年6月には名称を「日本精密機械工業会」と再度改称し、今日に至っております。

事業内容

JAPMA(日本精密機械工業会)当工業会は、目的を達成するため、次のような事業活動を行っており、新技術開発、国際化への対応などの緒問題に、国や関連団体と連携して取り組んでいます。

  • 会員相互の親睦および工業会の強化
  • 関係官庁および国内外諸団体との連絡・協調
  • 学会および大学研究室との連携・研究成果の導入
  • 精密(超精密)工作機械に関する技術資料の調査と会員相互の技術力の向上
  • 精密機械業界の置かれている環境や市場動向の情報交換を密にする
  • その他本会の目的に必要な事業

組織図

総会

監事

理事会
会長
髙松喜与志 (高松機械工業 会長)
副会長
杉野太加良(スギノマシン 会長)
副会長
稲葉弘幸(北村製作所 社長)
副会長
北井正之(北井産業 社長)
副会長
江黒寛文(エグロ 社長)
副会長
清水大介(牧野フライス精機 社長)
専務理事
髙島昇一(工業会)

事務局

委員会
経営委員会
委員長
髙松喜与志 (高松機械工業 会長)
販売委員会
委員長
大嶋宗幸 (スギノマシン 第一営業部長)
技術委員会
委員長
打越吉弘 (高松機械工業 技術部長)
総務委員会
委員長
長谷川透(長谷川機械製作所 社長)
輸出管理委員会
委員長
乾英二(キラ・コーポレーション シニアアドバイザー)
未来創生委員会
委員長
荒井伸浩(曙機械工業 専務)
経友会
代表幹事
稲葉弘幸(北村製作所 社長)
令友会
代表幹事
荒井伸浩(曙機械工業 専務)
二意会
代表幹事
清水大介(牧野フライス精機 社長)